女性の薄毛の悩みというのは実は男性より深刻かも知れません

私の薄毛の悩み体験談

女性
40代になったばかりの主婦です。

多少髪が薄いかな?とは思っていたものの、年と共に毛が薄くなるのは当然とも感じていました。

ですが薄毛の悩みというのは、実は男性より女性のほうが深刻かも知れません。

男性なら薄毛になっても笑いが取れる人もいますけど、女性で薄毛を笑いに出来る人なんてそうそういません。

しかも「〇〇さん薄いよね」って心の中で思っても、こればかりはどれだけ親しい間柄でも言えることではありません。

誰に会っても心の中で「髪が薄くなったな」と思われているのではないかと、落ち着きません。

私の母親も50代頃には随分薄くなってきていて、鏡を見るたびにため息をついていたものです。

髪が減ってしまうとどんな服装をしても頭ばかりが気になってしまいます。

薄い頭を見られるのが嫌で美容院も行きたくないとよく言っていました。


そんなこともあったので、自分もいつかは薄くなるだろうと思っていましたが、育児で忙しかった20代30代を過ぎてようやく落ち着いてきた40代になってとうとう薄毛を実感し始めました。

お風呂場の排水溝がすぐに髪の毛でいっぱいになり、洗面台にもわずかな時間でパラパラと髪が落ちてしまいます。

最初は旦那の髪の毛だと思って「最近、抜け毛増えたんじゃない?」と聞いたら、「それは君の抜け毛じゃないか」と反対に言われてしまいました。

そうなんです、本人の自覚は全くないうちに少しずつ抜け毛が増えていたんです。

細くてあまりコシもない髪の毛だったので、毛量が減ると共にどんどん髪のボリュームもなくなっていきました。

その頃は気にしていたものの、まだ隠すほどでもないかと思っていました。

朝セットする時にはヘアアイロンなどを使ってふんわりとトップのボリュームを作るようにしたり頑張っていたものです。


そんなある日、初めて行ったスーパーで「シルバーカードをお持ちですか?」と聞かれました。

このシルバーカードですが、60歳以上の人に割引があるカードなんです。

なんと40代の私は、60代と間違えられてしまったんです。

その店員さんも悪気があって言ったわけではなく、私の見た目から年齢を想像して言ってしまったようです。

怒りよりも、悲しさのほうがこみ上げてきました。

さすがにこの衝撃は大きかったですね。

これもこの薄毛のせいだ!と、ようやく私は育毛ケアを始める決意をしました。

市販育毛剤 おすすめは?


女性の薄毛の悩みというのは実は男性より深刻かも知れません