加齢とともに体力が落ちてきて買い物をするときもできるだけ便利なところで

私の加齢の体験談


私は55歳のフォトグラファーです。

若い頃は友達と一緒にあちこちのお店やデパートを歩き回ってウィンドーショッピングをしていたものです。

しかし、加齢とともに、体力が落ちてきて歩きまわる気になれなくなって、買い物をするときも、できるだけ便利なところで簡単に済ますようにしています。

若い頃は初売りのために早朝から出かけて行って、福袋を買ったりしていましたが、今は全くそういうような体力がなくて、初売りにも行かなくなってしまいました。

私が住んでいるところから電車の駅まで歩いて20分弱くらいかかるのですが、町に出るときに行きは歩いて駅まで行きますが、帰りは一駅手前で降りて、そこからタクシーに乗って帰るようになってしまいました。

買い物がものすごく面倒になって、ネットスーパーを利用したりしていて、自分でマーケットまで買い物に行く回数が俄然、減ってきています。

若い頃はハイヒールを履いて、1日中町を歩いてもそれほど疲れなかったものですが、最近ではハイヒールを履いていると、歩くのがつらくて、あまり歩き回らなくなってしまいました。

アルバイトでコンビニで働いていたのですが、体力がついていかず、辞めることになりました。


やっぱりコンビニでの仕事は40歳くらいまでしか務まらないと思うのです。

シャワーを浴びたりするのも体力を使うので、かなり面倒になってしまっています。洗濯をして干したりするのも体力を使うのでかなり面倒です。

かつては世界中を旅行していましたが、最近では体力がなくなっていて、それほど行きたいとは思わなくなってしまっています。

重いスーツケースを持って飛行機に乗ることを考えただけで、疲れてしまいます。体力が減少すると、やる気も無くなってしまって、行動的にはなれなくなってしまうのです。

飲み水も買いに行って抱えて帰って来る体力がないので、楽天市場でクリスタルガイザーを注文して配達してもらうようにしています。

買い物に行っても、試着をするのにすごく体力を使うので、買い物が面倒になってしまって、たまに衣類の試着をしたら、すっかり疲れてしまって、げっそりしてしまいます。

掃除をするのにも体力が必要で、思わず掃除をサボってしまいます。

女性の薄毛の悩みというのは実は男性より深刻かも知れません